業務プロセスの課題抽出と標準化、マニュアル化

在庫最適化には、単に稼働率の低い在庫商品を削減するだけではなく、在庫が増えてしまう仕組みを内包している業務プロセスを洗い直す必要があります。
在庫の発注ルール、入荷・検品、ロケ番管理、注文の受付、在庫量の確認、ピッキング、出荷検査、梱包、出荷、請求処理などの一連の業務プロセスがスムーズに連携しているか、業務プロセス間の連携の課題も診断し、最適な業務プロセスを整理・改善し、在庫管理面から業務手続き上のルールを制定した業務の標準化を図るため、運用マニュアル作成も支援します。

業務プロセス改善

企業にとっては在庫の仕入も一種の投資行動です。過剰仕入を誘発する原因を取り除いて余分な在庫を削減できれば、事業の成長に必要なキャッシュを創造することが可能です。まずは在庫の現状分析、課題の抽出、キャッシュ創出効果を測定できる「在庫簡易診断」がお勧めです。
在庫に関するお悩み、ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。