在庫簡易診断の特長と手続きの流れ

在庫簡易診断では、貴社の在庫管理システムのデータを解析して、「ABC分析」や「過剰在庫の分布分析」で在庫の問題点を可視化し、問題在庫について個別アイテム別に報告します。
◆ABCチャート分析の例

◆過剰在庫の分布分析の例

◆簡易在庫診断尾まとめ(キャッシュ創出効果の測定)の例
さらに「仕入コスト圧縮シミュレーション」機能を用いて「在庫最適化」によるキャッシュの創出可能額を試算し提示します。

◆費用
在庫簡易診断の費用(データ解析、レポート作成、診断結果報告まで)は、倉庫が国内で1カ所の企業で、基本金額は300,000円(税別)です。
倉庫が2カ所以上で倉庫間の在庫異動がある企業の場合は、別途ご相談のあと個別お見積となります。

◆手続きの流れ
1.企業様より、当グループ指定フォーマットで在庫管理システムのデータ(商品マスタ、入出庫データなど)を提出して頂きます。
2.ご提供頂いた在庫データの整合性検証完了時点から3週間で診断レポートを作成します。場合によってはヒヤリングを実施させて頂く場合もございます。

 

在庫簡易診断

企業にとっては在庫の仕入も一種の投資行動です。過剰仕入を誘発する原因を取り除いて余分な在庫を削減できれば、事業の成長に必要なキャッシュを創造することが可能です。まずは在庫の現状分析、課題の抽出、キャッシュ創出効果を測定できる「在庫簡易診断」がお勧めです。
在庫に関するお悩み、ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。