在庫最適化グループは、一般社団法人大阪診断士会に所属している、経営、財務、マーケティング、生産管理、IT等の多彩な専門分野を持つプロコン10名で構成されており、「単に在庫を最適化するだけでなく、在庫を最適化して創造したキャッシュを、次なる成長機会に繋げていく支援」をおこなっています。当グループの支援内容の特徴は下記の通りです。

  1. 在庫問題は経営全体の問題の縮図と考えており、在庫を切り口として経営全体の変革を支援しています。
  2. 現状の問題解決だけではなく、企業の成長に向けたキャッシュの投入戦略を支援しています。
  3. 在庫の課題を多面的複合的に捉え、業務プロセス、倉庫、IT担当の3人体制で支援チームを編成しています。
  4. 在庫管理成熟度を7段階に分類して、各レベルに応じた支援メニューを提供しています。
  5. 成熟度を測定するための診断ツールを開発・導入しています。

企業が成長局面の時は在庫の問題は表面化しませんが、成長が停滞してキャッシュが枯渇した時在庫の問題が浮上します。本来、在庫の管理は、経営における日常の問題であり、転ばぬ先の杖(在庫の最適化)の重要性を企業向け・支援機関向けのセミナーで訴えています。また、キャッシュが枯渇した企業の経営改善支援(在庫最適化によるキャッシュ創造)も数多く手掛けています。

在庫に関するご相談

企業にとっては在庫の仕入も一種の投資行動です。過剰仕入を誘発する原因を取り除いて余分な在庫を削減できれば、事業の成長に必要なキャッシュを創造することが可能です。まずは在庫の現状分析、課題の抽出、キャッシュ創出効果を測定できる「在庫簡易診断」がお勧めです。
在庫に関するお悩み、ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。